プロフィール

Andy

Author:Andy
育った家庭も複雑、自分も離婚、息子は校内暴力、家庭内暴力、やっと落ち着いた頃に、なんと私が脳挫傷

震災もあったし、転職もあったし、いつまでも落ち着かない私の人生でしたが…


今の私になるために、ぜ~んぶ必要な事だったと思うのです。

私の人生、息子の人生、まだまだこれからもドタバタが続くかな?!

ひとつひとつ、楽しみながら乗り越えていきます^^v


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


リンク


カレンダー

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

来てくれてありがとう


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:不思議
おはようございます
Andyです


今週もブログ更新を怠けながらも
毎日
「お!ほう!」と気づき驚きの連続でした。
今朝は、まずひとつめ。



夏休みも半分終わり
息子は部活にバイトに遊びに
めいっぱい時間を使って楽しんでます

それが当たり前のように
毎日笑って過ごしていますが

つい2~3日前、ハッとしました。



すっかり忘れてたけれど

「夏休み」は私たち親子にとって
悲しく辛い思い出が
たくさんあったはずでした。


離婚して
息子と前夫を最後に会わせたのは
息子が小学2年の夏休み
前夫が息子に聞いた
「お母さんと二人で楽しい?
そこにお父さんがいると楽しくない?」
の言葉が許せずに
「子供が答え難い質問をしないで!」と
私が前夫を責めたことで機嫌を損ね
金輪際会わないと宣言された夏。
息子から
父親を取り上げてしまった夏。


息子が小4の時は
担任を殴り学級崩壊を起こし
校長室に呼ばれ
「今はいろんな施設もありますから」
と言われたのが7月。
息子の寝顔を観ながら
このまま夜が明けなきゃいいのに
このまま朝が来なきゃいいのにと願い
誰にも会いたくなくて
窓も締めきって暮らした夏。
その後、息子の心の奥底にあった
深い傷を初めて知り
クラスの父兄の前で
手をついて謝罪した夏。
夏休み1ヶ月まるまる一緒にいるうちに
息子の目の輝きが変わり
驚くほど態度もやわらかくなった夏。
・・・このへんは、
このブログの最初のほうを参照くださいね


その後
中学の時も夏にいろいろやらかしてくれて

「あんなことも、こんなことも
普段忘れてるのに
夏になると思い出しちゃうんだよね…」

が、去年までのパターンでした。




それが今年はすっかり忘れてた!



「思い出しても辛くない」ではなく
「忘れてた」のです。


忘れるくらいだから
当然、思い出しても辛くも悲しくもなく

ああ、そんなこともあったんだったね
今思えば何でもないことだったかも
な~んにも思い悩むことなかったかも


そんな風に思える私でした。


今の息子になるために
あれもこれも必要なことだった
私も息子も、
あんなことやこんなことがあってこそ
今こうして笑えるわけで
いろいろ乗りこえたからこそ
私と息子は親子である以上に
共に歩いてきた「同士」みたいになってる

親が偉いから上とか
子は養われてるから下とか
そういう、つまらない形にも
こだわらなくなったから、とっても楽



ああ、感動♪


私、もう本当に大丈夫なんだ。


おととしまでネガティブ100%だった私には
「辛いことも悲しいことも
 いつか懐かしい思い出になる日が来るさ」
と思える自分になれるだけでも
ものすごい変化だったのに



もう、記憶そのものからも
嫌な出来事が消えかけてるなんて!



もしかして
去年の脳挫傷のときに
そのあたりの中枢がおかしくなった?

ありがたい!




なんだか知らないけど
この感覚は、もう元に戻ることは無い。
この先、何度夏がこようとも
悲しくも辛くもならないことを実感した私でした



ではまた。



スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:不思議
こんにちは
Andyです

ここ数日
更新しようかなあと思うと
息子が「PC借りるね」とやってきて

お気に入りの曲の歌詞を検索しては
紙に書き写す作業に没頭してました



「歌詞検索」までは今どきだけど
「書き写し」はちょっとアナログ^^;




というわけで、久しぶりの更新です^^v



おとといの夜。

何の気なしにテレビをつけたら
「復活した脳の力
~テイラー博士からのメッセージ~」
という番組に出会いました。


37歳で脳卒中に倒れた
女性脳科学者のジルさんが
左脳の機能が停止して言葉を失い
8年のリハビリを経て完全復活
その軌跡をたどるとともに
脳のフシギに迫る内容でした


「脳のフシギ」
大いに興味あり!!!

なんたって体験済みですから、私^^v


ジルさんは
言葉や数字・理論や思考をつかさどる
「左脳」に損傷を受けたため
言葉そのものが話せなくなった上
それまでのスピードで
行動できなくなったのだそうです。

でも、言葉を失ったそのときに
なぜか
「大きなものに包まれている感覚」を
味わったようなことを言っていました

「右脳ちゃん」ですね^^v


言葉も思考も完全復活した今も
スピーディに効率よく行動しようと
急ぐ「左」と、
ゆっくりでいいよ、ラクにいこうと
和ませる「右」と
二人の自分がいる、とか。



そっかー



私は右脳に損傷を受けたので
逆だったのかな


言葉や数字は、問題なし
私が一番困ったのは
「適当にぱぱっと」の「適当に」が
解らなくなったことでした


オムライスに
「ケチャップをピュッと適当にかける」はずが
ビュ~~~~っとかけてしまい大失敗


「塩こしょうを適当にパラパラ」のはずが
ものすごく塩辛くしてしまって大失敗


ご飯を炊くのも
米2合に水同量プラスちょっと
土鍋を火にかけて沸騰したら中火にして
「適当にそのまま、
いいにおいがしてきたら火を止めて蒸らす」はずが
焦げ焦げ又は芯が残って大失敗



ひどい時は数字とか理論も
理解できなかった時期もあるけれど

この「適当に」が復活するまでは
とても時間がかかりました



今、思えば
あの時期私を支えてくれたのは
「左脳」だったのかも。

適当に、が解らない私に
「ケチャップを
5センチくらい絞ろう」とか
「塩コショウは
かけすぎないように
小さじ1杯くらいにしよう」とか
「米2合に水は440cc
沸騰して10分たったら火を止めよう」とか


数字での工夫を
自然にしていたような気がします


誰に教わったわけでもないのに
偉いねえ、脳は。



最近は「右脳」の働きに注目が集まり
「左脳」は
ちょっとないがしろにされてる感があるけれど


お互いに支えあい
助け合って
私たちの毎日を守ってくれている。


左脳を損傷したジルさんを
和ませ励ましてくれた右脳
右脳を損傷した私を
守り支えてくれた左脳


大事なのはバランス、なんだなあと
つくづく思いました




医学的には違うかもしれないし
番組の趣旨もよく解らないけれど



「適当に」が完全復活して
ありがたみを忘れかけていた私には
考えなおす
ちょうど良い機会となりました




では、また^^v


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:不思議
おはようございます
Andyです

なぜ朝のこんな中途半端な時間に
のんきに更新しているかというと

我が家の水道故障…@@;

お風呂場の蛇口を
いくら閉めても水が止まらず。

大家さんがさっき来てくれて
「パッキンかな~?」と交換してくれたけど

水は止まらず。


午前中、修理屋さんが来てくれることになったので
会社は午後から行きま~す


ここでも自分の意識の変化を確認。




“あ~あ、こんなことで半日休み
もったいないなあ!
だいたい、朝の忙しい時に
なんでこんなことになるかなあ!”

と以前ならイライラしていたはずの私


でも今朝は


どうせ午前中休みになっちゃったんだし
ちょろちょろ出た水を浴槽にためてたので
それで大きなものを洗濯してしまおう~っと♪
そんでもって久々に
朝ブログ書こう~っと^^v



得した気分なのです。






そんな私の
おとといの不思議体験。


夢をみました。


ストーリーは忘れたけど
息子と、誰かと、
どこかに出かける準備に追われていました。
私は、とてもリアルに急いで慌てている様子

これまたリアルに
犬に「足元にまとわりつかないの!」
とか言って
バタバタしていました



思うように準備がはかどらない中
ふと「めんどくさいなー」と言った私に
息子がひとこと


「その『めんどくさい』っての言うな!」



あとは何も覚えていないのですが
朝起きた時も、その後も
そのひとことだけ
ずっと忘れられずにいました。


あまりに鮮明な記憶なので

夢じゃなくて現実だった?と思って
息子に確認したくらい



母:「ねー、私にさ
  めんどくさいって言うな、って言った?」
子:「は?ナニ?誰が。」


やっぱり夢か^^;



でも、思えば、
確かにそう。


疲れて急いで帰宅して
ご飯を作っているところに宅配便、とか
さあ食べようと座ったとたんに電話、とか


つい言ってしまいがちなんですね
「あ~~めんどくさい」って。


口には出さなくても
心の中では思ってる。



息子は、実はとても気になっているのかも
本当は、私のそういうトコ
嫌だなあと感じているのかも。



それを
こういう形で気づかせてくれるなんて


やるぅ~~*^^*

いや、息子が意識的に
夢を操るワケじゃないけど
なんとなく。



そんなこともあり

水道の故障にも「あ~~もう!」と
思わずに済んだのかもしれません。



Andyもうすぐ44歳、
まだまだ反省&学びの日々は続くのでした




ではまた^^v








| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:不思議
こんばんは
Andyです。


昨年の暮れに

会社で私の隣に
大変な新人さんがやってきたことを
ここでも書きました。

毎日毎日イライラして
おかげでめまいも悪化して

まっすぐ歩けなくなった!
と書きました。



その後
コーン先生とお会いする機会があり
コーン先生が
私の話をにこやかに
私の気が済むまで話させてくれて

なんだか知らないけど

すーっと細かいことが
気にならなくなりました




そして、新年。



驚いたのです、私。



本当になぜだか知らないけど

お隣の彼が
急に「気配りする人」になってました


お正月
誰かに言われたのか?
何か読んだのか?


とにかく

これまでに無かったものが
感じられるようになりました


・・・って言っても


今日気づいたのは

電話している人のそばで
大声で笑わない

ってことだけ


・・・だけ???ってくらいの
小さな事ですけど…^^;



でもまあ
変わらないよりは良いかなあ…と。


新人さんが変わったのか

私が
小さな変化に気づいてあげるくらい
心にゆとりができてきたのか

どっちなのか解らないけど


どちらにしても
そのおかげで
自分の席の居心地が
グ~~ンと良くなったのも事実


この現実に

ありがとう。でした。





ではまた!



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:不思議
こんばんは
Andyです


連日、息子のことですが



高校で出会った友達を
いとしく思えてきた息子


今朝ご飯を食べながらかけた曲は
RSPの「感謝。」
感謝。感謝。
(2008/02/06)
RSP

商品詳細を見る





笑ってみたり
怒ってみたり

当たり前のようで
当たり前じゃない


笑ってくれる
支えてくれる
励ましてくれるすべての人へ

感謝






久しぶりに聴いたので
歌詞を正確には覚えていないけれど

そんな感じの歌詞でした



なるほど。


この曲を知ったのは
もうかなり前のこと。

聴いた当時は、
いい曲だと思いつつ
自分自身とは重ならなかったけど


友達の優しさに触れ
自分が「大事に思われている」ことを知り
自信を持ち始めて



この子の心の奥底で
今、本当に「感謝の気持ち」が
生まれてきたのかもしれません





思えば、不思議でステキな
この子の選曲エネルギー♪


部活をサボった時に選んだのは
「黄金魂」
黄金魂黄金魂
(2008/02/13)
湘南乃風

商品詳細を見る

≪サボるため生まれてきたの?
俺は上るため生まれてきたよ≫


中学のとき
きっと好きな子がいたんだろうな~の時は
「小さな恋のうた」
小さな恋のうた小さな恋のうた
(2002/09/21)
沢知恵

商品詳細を見る

≪ほら、あなたにとって
大事な人ほど そばにいるよ≫


いろいろ私に心配かけた後は
「ありがとう」シリーズ
ありがとうありがとう
(2008/04/02)
大橋卓弥小田和正

商品詳細を見る

≪あなたの元に生まれて
本当に良かったと
今 心の底から言い切れる≫



そして男同士の友情に気づいて
「カラス」
カラスカラス
(2005/04/06)
湘南乃風

商品詳細を見る

≪心配すんな
お前と俺は 群れたカラスさ
最低、だけど最高のダチがいるから≫



どこのお宅の高校生も
同じようなもんなのだろうか??


私には
ある意味「特殊能力」に思え



息子が選ぶ曲を逃さずにいれば

10代の心の揺れ動きが
すこ~し解るのではないかと思えています




明日の朝は
何を聴くんだろう~~~?


楽しみです^^v



では、また
| BLOG TOP |

copyright © Andyの幸せ実感日記    all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。