プロフィール

Andy

Author:Andy
育った家庭も複雑、自分も離婚、息子は校内暴力、家庭内暴力、やっと落ち着いた頃に、なんと私が脳挫傷

震災もあったし、転職もあったし、いつまでも落ち着かない私の人生でしたが…


今の私になるために、ぜ~んぶ必要な事だったと思うのです。

私の人生、息子の人生、まだまだこれからもドタバタが続くかな?!

ひとつひとつ、楽しみながら乗り越えていきます^^v


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


リンク


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

来てくれてありがとう


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:感謝感謝
Andyです


話が後先になりますが
今回の震災で実家を取り壊すことになり
母が賃貸マンションに引っ越したので
この連休も大忙し^^;v

やっと一段落しました

このお話も、ゆくゆくは聞いて欲しいのですが

その前に

まずは震災のお話。



実は、3月11日の2日前にも、地震がありました。

今思えば、余震ならぬ「予震」だったのですね
オフィスにいて、結構揺れました。
念のため、息子に電話をしても、つながらず。
メールをしても、返信もなく。

心配で、昼休みタクシーで自宅に戻ったところ
「何大騒ぎしてんの?全然平気なんだけど」
と、あっけない返事をされて

いささかムッとして、会社に戻ったのでした。


そして、その翌々日、3月11日。

会社で、ドン!と縦揺れを感じたときは
2日前の地震の「余震」だと思いました

でも
でも??
あれ??
違う。違う。違う!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



机の下にもぐっていたので、
揺れる物も壊れる物も見ていなかったので
そんなに怖くは無く

頭の中は、息子でいっぱい。

輝かしい生活が目の前なのに
何かあったら、どうしよう。

きっと、おとといみたいに
電話もメールも通じない。
でも、きっと、おとといみたいに
平気で自宅にいる。


早く揺れ終わることだけを願いました。



揺れが一旦終わり、事務所内を見て
初めて、とんでもない事態になっているのを実感
パーテーションが、あちこち剥がれ
キャビネットは元より
重たい耐火金庫が倒れていました


避難階段を使って外に出ると
避難場所のはずの公園は、
もうすでに人で一杯


その場で解散になったので
迷わず、歩いて帰路につきました。


その間、電話・メールを試みたけれど
もちろんダメ。
とにかく、家に向かうしか無い。



自宅まで、2時間近くかかったでしょうか

ようやく近くまで来ると
自転車姿の息子を発見!!!!


よかった~~~~TT


息子は、とても冷静でした

「家の中はスゴイ事になってるけど
アンディは大丈夫。
いま大家さんのビニールハウスで預かってもらってる。
財布や金目のものは車に入れた。
通帳ハンコは場所解んなかったから、
あとヨロシク。
ブレーカー落としたし、ガスも元栓閉めたけど
いちおう確認して。
あ、家の中が危ないから、
靴履いたまま入りなよ。
で、おばあちゃんの様子みてくるから!」


と、自転車でピューっと行ってしまいました。



家の中は、確かにすごいことになっていたけれど
その後、実家の母も無事で
その日は避難所に泊まるようでした。
私と息子は、その夜は車で寝ました。

ガソリンが半分くらいしか無かったので
エンジンをつけて、暖まったら切って、
寒くて我慢できなくなったら、またつけて…
で、朝を待ちました。

翌日からも、息子は
食材調達に何時間も並んでくれたり
灯油を買いに並んでくれたり
並びながら、情報収集してくれたり
母の様子を見に行ってくれたり

私は家の片付けに専念できました。



朝から何時間も並ぶ毎日に
「そんなに頑張らなくても
まだ買い置きも少しあるよ」というと

「ばか、今のうちしか
できないでしょ」



・・・・・・・・・・・・・・・・
そっか


息子は、自分が札幌に行った後も
私が困らないように
たくさん買い置きしようとしてくれていたのです


実際、いつから普通に戻るのか、
いつまで、この状態が続くのか

確かに不安な、不安定な日々でした。


震災当日といい
この配慮といい、
この子の、生きる力は、
本当にすばらしい。

改めて、この子の親で良かったと思った瞬間でした


非常に不謹慎ですが

朝から晩まで、毎日、
息子と手分けして片付け作業をしたり
買出しを頼んだり、
並んでる現地から状況報告メールが着たり

私は、とても楽しかった。


こんなに息子と一緒に過ごせることは
あと、もう一生無いかもしれない。

そう思うと、
1分1秒が、たまらなく大切で
幸せな時間でした。



・・・・・
あ?

ところで

仙台空港、ダメなんだよね?

あ~~~~~~~っっ!!!!!
飛行機は?札幌に引越しは?????

どーすんの????????


・・・
Andy親子らしいドタバタ劇は
まだまだ続くのでした~~~~^^;


この続きは、また明日・・か、明後日。


スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:感謝感謝
おひさしぶりです。
Andyです。

ここ数日、
ブログ更新どころではなく


会社に着いて9時から仕事
あっという間に夜になり

仕事を終えて帰ってくる
  ↓
ご飯作る・食べる・片付け
  ↓
洗濯物を取り込む
  
一通り済んで時計を見るともう11時



いや~~~風邪もひかず良く頑張った!
今年は健康でよかった~~~*^^*



12月。
実は家族に災難が続きました。
犬のアンディだけではなく
息子は11月のインフルエンザに続き
12月は足に低温やけど。
低温、ってバカにできないもんですね
ズキズキ痛んで走れない
膝から下がパンパンに腫れてしまいました。

原因は・・・
この冬お気に入りになっていた「湯たんぽ」@@;
袋には入れていたけれど
寝ている間に足に直に触れていたのかも。


さらに実家の母が
家の中で転んで右半身打撲。
骨とかは大丈夫だったけど
あちらこちらにアザができ
腕が上がらなかったり
ペンが持てなかったり
日常生活がしばらく不便でした。



自分の時間は殆どないまま
仕事以外は家族の手伝いに明け暮れた今月でしたが

明け暮れながら

私の心は不思議なくらい穏やか。


「あ~~もう!忙しいのに!」
「なんであれもこれも私ばっかり!」

以前なら間違いなく芽生えていた
こんな感情は全くなく、


ある朝ふと息子にこう言ってました
「今年は恩返しなんだね」



去年は私ひとりが具合悪く
脳挫傷とその後遺症で
家族に心配も迷惑もたくさんかけた。

今年は私ひとりが元気いっぱいで
家族の世話にめいっぱい時間を割ける。


去年のありがとうを
こういう形でお返しができるなんて

びっくりするくらい恵まれている!!!


心でどんなにありがとうを繰り返しても
目には見えないし
言葉でやたら繰り返すのも
わざとらしくてウザいだろうけど

こんなに具体的な形で
家族に何かをしてあげられるなんて。


そして
母も息子もアンディも
それぞれ全く違う症状なのに
同じくらいの速度で回復して

元気で年末年始を迎えることができました


仕事でも
今年は忙しいながらも
納得の結果を出せた一年でした
(これに関しては
不思議でステキな支店長のおかげ)


29日で会社は御用納め

昨日は今年も毎年恒例の
お正月飾りの露店を
親子でお手伝いさせていただきました。
我が子は17歳ながら今年で4年目。
中学生の頃は「アルバイト」ではなく
本当のお手伝いで
商品の補充や店前の掃除など
縁の下の力持ちに徹していましたが
去年からは
正式に「アルバイト」として参加しました。

去年、買いに来てくださったお客様に
「お兄ちゃん毎年いるよね?
いつも一生懸命掃除してるから覚えてたよ」
と言われ大感激!
そのお客様に今年もお目にかかれるのを
楽しみにしていた息子でしたが

会えたそうです。

なんと、お客様も、
去年息子とそう話をしたのを
ちゃんと覚えていてくれたんだそうです。


人の人とのつながりって
ものすごく温かい。



正直、部活をサボって行ったのですが
人として生きていくうえで
非常に大切なものを学べたと思うので
我が家はそれでOK^^;
親子で同じ仕事ができる機会も
なかなか無いので
それだけでも貴重な1日ですし。


あ~~~幸せだった!!


今年も
たくさんの出会いと気づきに
ありがとう。


2009年、最高の締めくくりです。



露店お手伝いでの驚き・感激については
実はもっとたくさんあるのですが

全部は1度に書ききれないので
今年はこのへんで。



本年も
Andyのブログを支えてくれて
本当にありがとうございました。


更新の回数がえらく減ってしまったのに
それでも、離れることなく
そばにいてくれた皆様に
心から感謝しています。

私を、幸せにしてくれた皆様に

来年は時間をかけてご恩返しを^^v


2010年も
たくさんの方とつながれることを
楽しみにしています。


では、みなさま
どうぞよいお年をお迎えください



Andyでした。


| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:感謝感謝
こんばんは
Andyです

毎回毎回犬の話じゃ
犬を飼っていない方はつまんないと思うけど

アンディの話抜きには
今週の私は語れないので

本日も犬の話でいかせていただきます


我が家のアンディ、
昨日手術でした。


夕方4時くらいから始まって
終わったのが8時



あんな小さな体で
アンディ頑張りましたT T


胆嚢を摘出したのですが
既に一部は壊死しており
術後に見せてもらった胆嚢の中は
ゼリー状に固まった胆汁で一杯でした。


こんなのが
アンディの中にあったんだ!!!

そりゃあ具合も悪いはずだ!


手術を決断してよかった・・・・・・



そして先生から意外な一言。
「皮膚がものすごく薄いですね
他のワンちゃんと比べると
全く違います。
コラーゲンの生成が少ないとか
ホルモンの関係とか
何か先天的に
そういう遺伝子を持っているのかも。
過去に言われませんでしたか?」

皮膚が薄すぎるので
暑さにも寒さにも
他の犬より弱いんだそうです。

初耳!!


確かにお腹の皮はピンクに透ける薄さだけど
犬のお腹は皆そうだと思ってました^^;


違うの???



買って間もなく
「心臓が弱いです」と言われ
「アレルギー体質です」と言われ
2年前に卵巣の病気で
子宮と卵巣を摘出
今回胆嚢を摘出
で、先天的に皮膚が薄い?


そんなに弱くて、現在12歳。


この子の生命力って
むしろスゴイ!!!!!!!!
感激しました。


そして、この子は本当に
我が家に来るべくして来た子だなと
改めて思いました。


もしも私が
とってもマメな飼い主さんだったら
皮膚が薄いのに
無理なブラッシングをしてしまっていたかも。

もしも息子が
とっても熱心な飼い主だったら
心臓も皮膚も弱いのに
夏も冬も
せっせと散歩で走らせていたかも。


ずぼらで
散歩もブラッシングも適当で
ただただ撫でているのが好きな
いい加減な飼い主が

この子には向いていたのかも^^v?


な~~~んて。


アンディ、

このズボラな飼い主さんは
感激のあまり
クリスマスに新しい首輪を贈りますよ*^^*

退院してくるまでに
クッションも作るからね

枕も作っちゃうからね


お兄ちゃんは
アンディが帰ってきたときのために
昨日なんと部屋の大掃除をしていたよ
ホコリだらけじゃ
アンディに良くないから、って。
お母さんが言っても
絶対しないのに。



ウチに来てくれて
本当に、ありがとうね




すみません…
今週、ホントに犬の話ばっかりでした。

ではまた。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:感謝感謝
こんにちは
Andyです


とうとう我が家にも
インフルちゃんがやってきました

バスケの試合会場で
「昨日まで学級閉鎖だったんだって」
という学校とあれだけ会って
ディフェンスであれだけ接近してたら
いつどこで感染しても
まあ不思議はないのですが

インフルちゃんは少しだけ偉い。
息子の体に
実は入っていながらも
新人戦が終わるまで
じっと待っていてくれたみたいです


終わったとたん発症しました@@;



昨朝「頭と喉痛い」と息子。
熱は36.1℃。
前日遅くまで起きていたようなので
寝不足もあるんじゃないの~?
と思いながら
「熱は無いけど大事をとって休むか。
おとなしく寝てなよ」

軽く言って、私は出勤しました

お昼電話したときは
「平気平気。
帰りにカボチャプリン買ってきて
あとじゃがりこも。」
と元気な声でしたが


夕方から熱が出たようでした


いつもより早く退社したものの
私が帰宅した時には
もう病院は閉まっている時間。

救急病院へ向かいました。


!!!!!!!!!!!!!!
目にしたものは
待合室にあふれるマスク姿の人&人&人

混んでるかなあとは思ったけど
まさか!こんなに?

駐車場も満車で
近隣の臨時駐車場を案内されました



駐車場のお兄さんに
「今日だけですか?
こんなに混んでるのは」と聞くと
「いや、先週あたりから
夜はいつもこうですね」と笑顔で回答。

そうなんだ・・・・



ニュースでいう「非常事態」が
あながち大げさでもないことを
初めて知りました。


そして待つこと2時間半。

39℃の熱で具合悪い人間を
パイプいすで2時間待たせるのは
心配で仕方なかったけれど

息子だけが辛いんじゃない
待っている皆が辛いのです

私だけが心配なんじゃない
付き添いで来ている人みんなが
心配でたまらないのです。




息子から「熱!」とメールをもらったとき
正直「え~~っ」とがっくりしました
引き寄せないはずだったのに
失敗した?と思いました


でも、違う。
私は、知るべきだったのだと思います。


実は本当に大変な事態になっていること
感染する本人や家族もさることながら

医療従事者の皆さんが
いかに大変か。
戦場みたいでしたよ、昨日の待合室。

次々やってくる急患

足りなくなる体温計

待っている間に急変し
急遽処置を受けた子もいました


医師も看護士も受付も薬剤師も
きっとトイレに行く時間も
ままならないのではないかしら


それでも慌てず焦らず
同じ笑顔で対応するそのプロ意識に
感服しました。


もちろん、そうでなくては
安心して命を預けられないんだけど


つくづく、
「ありがとう」だなあと思いました。



息子が診察を終え薬をもらって
病院を出たのは夜10時すぎ。
待合室はさらに混みあい
廊下のいすも一杯でした


新型インフル、
確かに感染したくはなかった。

でも、こうでもなければ
医療の現場で働くみなさんが
こんなにも必死で戦ってくれていることに
気づかなかった。


意味のない経験は
本当に無いもんだなあと思いました


それにしても。


昔から思ってたけど
風邪ひきで寝ている子供は
本当にかわいいなあ
プリンを食べさせたり
冷えピタをおでこに張ってあげたり

母は結構楽しんでます^^v


「新型である可能性が極めて高いです」
と言われた息子のインフルちゃん
熱はあるけど、元気だし食欲はあるし
基礎体力があるから
あまり悪化せずに済みそうです♪

早く治って
また元気にハチャメチャやっておいで。



では、また。
皆さんも気をつけてね

[おまけ]
*新型か季節型かは、
遺伝子検査をしないと
正確には判別できないんですって。
今の時期に発生する症状として
季節性とは思えないので
新型でしょう、9割くらいの確率で。
ってことでした。




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:感謝感謝
おはようございま~す
Andyです。

ウチの大家さんちでは
昨日稲刈りだったようで
昨夜からずっと乾燥機の音が続いています

農家って本当に大変

植えたからには
育てないわけにはいかないし
育ったら刈らないわけにはいかないし
刈ったからには乾燥させて
脱穀して袋に詰めて・・・

途中で「もう辞めた!」とはいかない

その代わり、
無事に育ってくれた稲穂は
とても愛しいそうです


どこか、子育てに似ていますね♪



さて、
今日で1周年。

昨日もチラッと書きましたが
脳挫傷から1年経ちました!!!


何が何だか解らず
「左側頭部を打って右脳に脳挫傷」と診断され
記憶障害・味覚障害
めまい・耳鳴りなどなど
いろいろ次々起こりました。

今でも
結局何がどうなってそうなったのかは
いくら考えても解らない。
左手の3つの小さなアザも
薄くなってきたけど、まだ残っていて
「普通一年も残ってないよね
やっぱり宇宙人に連れて行かれたんじゃないの?」
と会社で笑われてます^^;



それにしても

無事に回復して本当に良かった。

辛いときに
ブログやメールで
たくさんたくさん励ましの声をいただきました。

本当に、心にもカラダにも
その優しさが沁みこみ
悔しい涙と一緒に嬉しい涙も流しました。


ありがとうございます。



当時、きっとこの体験にも意味がある
ムキになってそう思うことで
なんとか自分を奮い立たせていた私

奮い立たせながらも
「なんで私なの?
バチがあたるような事した?
世の中もっと怠けてる母親もいるでしょ!
お世話になった上司の送別会に行って
何が悪い?」
誰にも当たれないものの
息子がいないときに
部屋の中で独り泣き喚いた私。

そして何度か大泣きするうちに
「って泣いても仕方ないか」と
切り替えることができるようになっていった私。



人間てココロもカラダも丈夫でスゴイなあ。

脳が損傷してその箇所は復活しなくても
新しい経験が新しい回路を
ちゃんと作ってくれる

気持ちがどんなに落ち込んでも
どうにか立ち上がれるように
ココロも勝手に修復される


しかも、

喉元過ぎれば
「あ~そんなこともあったね~」
くらいに薄れてくれる!!!

ありがたい!


あれ?
私、こんなにお気楽だったかなあ?
もっと重苦しく
あれこれ回想するタイプだったんじゃないかなあ?



もしかしたら
こんなに気楽な今の私は
去年の今日までの私とは違う
「新しい私」にホントになっているのかも
去年までの私の中で不要な部分が
脳の損傷により一挙になくなり
その空白の部分に
新しい私ができたのかも






な~んて^^v





いやいや、ふざけてる場合じゃなくて


一年経ち、
今は強がりでもカッコつけでも何でもなく
いい経験だったと思っています。
去年の今日、ああならなければ
今日のこの私は存在しないのです。


ごく普通に皆が出会うものではない
貴重な体験に感謝。


ありがとう。


でも、1度で充分
2回めは要りませんよv^^;




では、また。


| BLOG TOP |

copyright © Andyの幸せ実感日記    all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。